ジェネリック医薬品について

このお知らせは、医療費適正化を目的としたジェネリック医薬品利用促進のお願いです。

  • ※医師の判断によっては、ジェネリック医薬品に変更できない場合があります。
  • ※ジェネリック医薬品への変更に不安を感じる方に、切替を強制するものではございません。

知っていますか?ジェネリック医薬品

病院や診療所で医師から処方される薬には、先発医薬品(新薬)とジェネリック医薬品があります。先発医薬品の研究開発には、多額の投資と長い期間がかかります。また、一定期間特許で守られているため、必然的に値段が高くなります。

他方、ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許期間終了後に発売されます。研究開発費が少なく、薬の成分や効果が変わらないにも係らず、先発医薬品と比較し、約3~7割安い値段で入手することができます。

ジェネリック医薬品についてもっと知り、積極的に利用しましょう。

先発医薬品(新薬)とジェネリック医薬品の違い

こんなにお得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬費の価格は、発売時に先発医薬品の約70%に設定されています。つまり、ジェネリック医薬品に切り替えることで、薬代を大幅に節約することができます。

下記のような生活習慣病は、一般的に長期間にわたり薬を服用しなければなりません。このため慢性疾病の患者さんには、ジェネリック医薬品がお勧めです。

代表的な薬を1日1回1年間服用したと仮定

効き目と安全性はお墨付きのジェネリック医薬品

先発医薬品は特許期間が終了するまで、多くの患者さんに使用され、その効果や安全性は十分に確認されています。

同様にジェネリック医薬品も、品質や安全性が厳しく審査されたものが厚生労働省より承認されます。なお、こうした結果については、「医療用医薬品品質情報集(通称オレンジブック)」としてまとめられ、インターネットでもオレンジブック総合版ホームページで確認することができます。

効き目と安全性はお墨付きのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品を積極的に活用しよう

ジェネリック医薬品を希望する場合、病院・診療所で医師に希望してみましょう。

医師の判断によっては、ジェネリック医薬品に変更できない場合があります。医師に断られた場合は、その理由を確認してみましょう。
また、ジェネリック医薬品を推奨している医療機関や薬局は「ジェネリック医薬品推奨マーク」がその目印となります。

ジェネリック医薬品を積極的に活用しよう

ジェネリック医薬品を積極的に活用しよう(薬局編)

ジェネリック医薬品を希望する場合、病院・診療所で医師に希望してみましょう。

「処方せんの変更不可」欄に「✓」または「×」が記載されておらず、医師の署名がない処方せんであれば、処方せんに先発医薬品名が記載されていても、薬剤師にジェネリック医薬品への変更が依頼できます。
今使用している薬をジェネリック医薬品に切り替える時は、価格や副作用の有無など、先発医薬品との相違点を確認しましょう。
また、ジェネリック医薬品を短い期間、気軽に試せる「分割調剤」が可能になっています。

ジェネリック医薬品を積極的に活用しよう(薬局編)

お問い合わせはデータヘルス計画推進課へ

Tel. 03-5925-5340
受付時間/月曜~金曜(祝日・年末年始・設立記念日を除く) 9:00~17:15

ページの先頭へ