ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品を正しく理解して、医療費の適正化にご協力ください。

  • 医師の判断によっては、ジェネリック医薬品に変更できない場合があります。
  • ジェネリック医薬品への変更に不安を感じる方に、切替を強制するものではございません。

ジェネリック医薬品ってどんなお薬?

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を使っており、品質、有効性、安全性が同等なお薬です。
厳格な試験に合格後、厚生労働大臣の承認を受け、服用しやすいように大きさや味、香りなどを改良したジェネリック医薬品もあります。
新薬に比べ開発費が少ないために、より低価格です。

ジェネリック医薬品についてもっと知り、積極的に利用しましょう!

先発医薬品(新薬)とジェネリック医薬品の違い

ジェネリック医薬品を調べてみましょう!

かんじゃさんの薬箱
 処方された薬のジェネリック医薬品を検索できます。

日本のジェネリック製薬協会
 ジェネリック医薬品についての詳細が掲載されています。

こんなにお得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品の価格は、一般的に新薬の2割~7割程度と安価です。
つまり、ジェネリック医薬品に切り替えることで、薬代を大幅に節約することができます。

下記のような生活習慣病は、一般的に長期間にわたり薬を服用しなければなりません。
慢性疾病の患者さんには、ジェネリック医薬品がお勧めです。

代表的な薬を1日1回1年間服用したと仮定

オーソライズド・ジェネリックについて知ろう!

オーソライズド・ジェネリックとは?

AG(Authorized Geniric)は、新薬メーカーから許諾を得て、有効成分だけでなく、原薬、添加物、製法まで新薬(先発医薬品)と同様に作られたジェネリック医薬品のことです。
さっそくオーソライズド・ジェネリックをチェックしてみましょう!

オーソライズド・ジェネリックについて

ジェネリック医薬品を積極的に活用しよう

ジェネリック医薬品を希望する場合、かかりつけ医や薬剤師に希望してみましょう。

ジェネリック医薬品は、医師の処方箋にしたがって医療機関や保険薬局で調剤されるお薬で、市販薬のようにご自身で購入することはできません。
また、全てのお薬にジェネリック医薬品があるとは限りませんので、医師や薬剤師にご相談ください。
ジェネリック医薬品お願いシールをおくすり手帳や保険証に貼り付けて利用するものよいでしょう。
ジェネリック医薬品お願いシールを希望される方は、以下のフォームよりご請求ください。

ジェネリック医薬品を積極的に活用しよう
病院・診療所で受け取った処方箋を確認してみましょう!

「処方箋の変更不可」欄に「✓」または「×」が記載されておらず、医師の署名がない場合であれば、処方箋に先発医薬品名が記載されていても、薬剤師にジェネリック医薬品への変更が依頼できます。
今使用している薬をジェネリック医薬品に切り替える時は、価格や副作用の有無など、先発医薬品との相違点を確認しましょう。
また、ジェネリック医薬品を短い期間、気軽に試せる「分割調剤」が可能になっています。

ジェネリック医薬品を積極的に活用しよう(薬局編)

お問い合わせはデータヘルス計画推進課へ

Tel. 03-5925-5340
受付時間/ 月曜~金曜(祝日・年末年始を除く) 9:00~17:00

ページの先頭へ