60歳以上で嘱託として再雇用されたとき

通常、退職後1日の空白もなく同一の事業所において引続き再雇用された場合、被保険者の資格は継続することとなっております。ただし、60歳以上で、退職後継続して再雇用される方については、使用関係が一旦中断したものと見なし、事業主から被保険者資格喪失届及び被保険者資格取得届を提出することができます。

添付書類 

【パターンA】

1.退職したことがわかる書類(例:退職証明書の写し、退職辞令の写し等)

※定年による退職に限り、定年退職に係る就業規則の写しでも可

2.新たな雇用契約を結んだことを明らかにできる書類(例:雇用契約書の写し等)

※定年再雇用の記載がある就業規則の写しは不可

3.保険証

【パターンB】

1.退職日及び再雇用日が記載された事業主の証明

2.保険証

※上記パターンA、パターンBのどちらかの書類を揃えてご提出ください。

  • 一度喪失し、同日で再度取得します。このため、被保険者番号が新しい番号に変更になりますので保険証も差替えとなります。

お問い合わせは適用一課へ

〒169-8516東京都新宿区百人町2-27-6

TEL. 03-5925-5302
受付時間/月曜~金曜(祝日・年末年始を除く)9時~17時15分

ページの先頭へ