メンタルヘルス対策セミナー

メンタルヘルスセミナー

メンタルヘルスの正しい知識と理解、認識を深め、個人と組織のあるべき姿や諸課題解決の道標を、事業所の労務担当者にセミナーを通じて提供しています。

令和6年度メンタルヘルス対策セミナー

従業員数100名未満の中小規模事業所の主に労務担当者を対象として、
「メンタルヘルス対策セミナー」を開催いたします。

概要をご確認のうえ、ご希望のテーマの参加申込みフォームよりお申込みください。
参加費用は無料です。

メンタルヘルス対策セミナー開催のご案内(PDF/951KB)

参加申込みフォーム (参加申込みの受付は先着順です)

テーマ1 【申込受付期間:8月13日(火)14時~9月6日(金)17時】 
テーマ2 【申込受付期間:8月26日(月)14時~9月19日(木)17時】 
テーマ3 【申込受付期間:9月11日(水)14時~10月4日(金)17時】
テーマ4 【申込受付期間:10月1日(火)14時~10月25日(金)17時】
テーマ5 【申込受付期間:10月29日(火)14時~11月22日(金)17時】

開催内容

テーマ1  疾患を抱える人への対応(休職前後から休職中、復職支援やその後のフォローアップについて)に関して事例を通して対応を考える

開催日

 令和6年9月13日(金) 14:00~15:15

 講師  公認心理師・臨床心理士 長谷川 暁子   プロフィールはこちら
(東京カウンセリングセンター常勤主任カウンセラー)
 概要

 メンタル不調を呈して休職に至る従業員に、初期対応として気をつけるべきことや休職時の対応の留意点、復職に至る経過へのフォローと実際に復職した際のフォローアップについて具体例を挙げながら対応を説明します。
休職に入るパターンを整理し、休職を前期・中期・後期に分け、休職者への連絡方法ややり取りをする際に留意した方がよいことを確認します。また主治医や産業医とどのような連携の取り方があるかを整理します。
復職の意思が示されたのちに必要とされる対応やリハビリ出勤の方法・リワークの利用、復職した際の留意点、復職者を迎える部署へのフォローについて事例を通して学びます。

 申込み

 テーマ1参加申込みフォーム(申込開始前)  
 定員:200名 ※同じ事業所内で何名でもご参加いただけます
 申込受付期間:8月13日(火)14時~9月6日(金)17時

形式  オンライン(Zoomウェビナー)

テーマ2  あらためて点検しよう!“メンタルヘルス不調への速やかな気づきと適切な対応”

 開催日

 令和6年9月26日(木) 13:30~16:30

講師  医学博士 河野 慶三 (河野慶三産業医事務所)   プロフィールはこちら
 公認心理師・シニア産業カウンセラー 土田 悦子   プロフィールはこちら
(メンタルヘルス・オフィスWillpower代表)
 概要

 コロナ禍を経た企業のメンタルヘルス状況について、2023年、日本生産性本部は「心の病」の増加企業が急伸し、年齢層では10~20代が急増して初めて最多の世代となったと報告しています。
このような結果の背景として、コロナ禍での入社とテレワーク、さらには出社回帰等、働き方や就業環境の変化が推測されています。社員の健康と組織の健全な発展のためには、今、あらためて、メンタルヘルス不調への気づきと適切な対応が必要です。事業者による方針のもと、実務担当者は管理監督者や産業保健スタッフと連携しながら対策を強化すべきでしょう。
当セミナーでは、6人単位のグループワークでの情報交換と好事例のピックアップ、グループワークの結果発表を共有化するための全体でのディスカッションなどをとおして、参加者の皆さんにそのための実際的な方策を探っていただきます。

 申込み

 テーマ2参加申込みフォーム(申込開始前)
 定員:54名 ※各事業所1名までの登録でお願いします
 申込受付期間:8月26日(月)14時~9月19日(木)17時

形式  会場参加型(講義および実習)
 会場
(対面形式)
 山王健保会館 2階会議室 (東京都港区赤坂2-5-6)
 https://www.its-kenpo.or.jp/fuzoku/kaigi/sannou.html#syozai

 テーマ3 職場にいる、“正直、何だかちょっと困ってしまう人々”への理解と接し方

開催日  令和6年10月11日(金) 14:00~15:30
 講師  公認心理師・臨床心理士 斎藤 愛   プロフィールはこちら  
(東京カウンセリングセンター常勤主任カウンセラー)
 概要

「特にメンタル疾患等ではないけれど、何だか関わるのが難しい」
「なぜかしょっちゅう休んだり遅刻したりするあの社員に手を焼いている」
「最近の若手社員って、どう接していいかわからない」
「再雇用になった元上司。すごく気を遣う…」
「 “合理的配慮”とは言うけれど、どうすればいいのかわからない」

 

 “若手社員”“勤務態度が悪い社員”“再雇用のシニア社員”“合理的配慮が必要な社員”等、オーソドックスなメンタル不調ではないけれど、何だか困ってしまう人々への理解と接し方の工夫について解説します。 事例をもとにミニグループワークを踏まえつつ、人事労務担当者に持ち込まれる困りごとにお答えします。

 申込み  テーマ3参加申込みフォーム(申込開始前)
 定員:60名 ※各事業所1名までの登録でお願いします
 申込受付期間:9月11日(水)14時~10月4日(金)17時
形式

 会場参加型(講義)

会場
(対面形式)
 山王健保会館 2階会議室 (東京都港区赤坂2-5-6)
 https://www.its-kenpo.or.jp/fuzoku/kaigi/sannou.html#syozai

テーマ4 人事労務担当者として、日頃感じていること考えていること、心掛けていることなどを、リフレクティングトークを通して分かち合う

 開催日  令和6年11月1日(金) 13:30~16:30
 講師  公認心理師・臨床心理士 長谷川 暁子   プロフィールはこちら
(東京カウンセリングセンター常勤主任カウンセラー)
 公認心理師・臨床心理士 斎藤 愛   プロフィールはこちら
(東京カウンセリングセンター常勤主任カウンセラー)
 概要

 日頃一人で抱えがちな悩みや問題を、同じ立場の人と分かち合うことで、勇気づけられたり、新しい視点を得られたりします。自分のやってきたことや考えが受け入れられることで、視野狭窄になりにくく柔軟な思考ができるようになります。
リフレクティングトーク(自分の語りを聴いた人達が行う、その語りに関する会話を外から聞くことで、 気づきを得られたりエンパワメントされたりする対話法)を通して、自分の体験を共有し“認証”されることで、やってきたことへの肯定感を高め、落ち着いて対応できるスタンスを得られます。

 

5人1グループになり、一人ずつ話し手になります。それを聴いた4人が互いに向き合って、①Hear & Now の会話を行う(その場で出た内容のみについて連想・感想・疑問などを話す)、②断定的な話し方・ 否定的なコメントはしない(多様な視点を広げるような会話を心がける)、③話し手の話の中でどのよう なフレーズが心に響いたかを話す、ということを行います。最後にそれを聴いていた話し手が、4人が話された内容の中で心に響いたことを話します。これを5人全員が話し手となるよう行います。1ターン (話し手5分・4人の対話 10-20分・話し手の感想3分)20分、3ターン終わったところで10分休憩し、2ターンを行います。

 申込み  テーマ4参加申込みフォーム(申込開始前)
 定員:25名 ※各事業所1名までの登録でお願いします
 申込受付期間:10月1日(火)14時~10月25日(金)17時
 形式  会場参加型(実習)
 会場  関東ITソフトウェア(大久保)健保会館 1階AB会議室
(東京都新宿区百人町2-27-6)
 https://www.its-kenpo.or.jp/fuzoku/kaigi/ookubo.html#syozai

テーマ5 職場のメンタルヘルス体制の作り方・活かし方

開催日   令和6年11月29日(金) 14:00~15:30
 講師  公認心理師・臨床心理士 斎藤 愛  プロフィールはこちら
(東京カウンセリングセンター常勤主任カウンセラー)
 概要

 組織としてメンタルヘルス対策を充実させることは、生産性に直結し、離職や労災訴訟等の企業リスクの軽減にもつながります。とはいえ、その実現に際しては、様々な疑問が浮かんだり、壁にぶつかったりします。
「心の健康づくり計画ってどうすればよい?」
「産業医の活用が難しい」
「うちの会社も外部 EAP と契約しているけれど、効果的な利用方法は?」
「組織としてメンタルサポート体制を作りたいけれど、何に気を付ければよい?」
「そもそも会社のトップがメンタルヘルスに関心がない…どう理解を促せばよい?」

 

 今回は、組織としてのメンタルヘルス対策に関する現状の難しさをまとめた上で、人事労務担当者がどのような役割を果たすことが効果的かを考えます。

 申込み  テーマ5参加申込みフォーム(申込開始前)
 定員:会場参加型:50名・オンライン:200名 
 ※同じ事業所内で何名でもご参加いただけます
 申込受付期間:10月29日(火)14時~11月22日(金)17時
 形式  会場参加型(講義)とオンライン(Zoomウェビナー) <ハイブリッド形>
 ↑会場での講義をオンライン配信します。ご希望の参加方法をお選びください。
 会場  関東ITソフトウェア(大久保)健保会館 1階AB会議室
(東京都新宿区百人町2-27-6)
 https://www.its-kenpo.or.jp/fuzoku/kaigi/ookubo.html#syozai
注意事項  質疑応答に関しましては、会場参加者の質問から優先的に回答させていただきます。

参加申込方法

参加を希望するテーマの申込みフォームから参加申込をおこなってください。

申込みフォームで「申込」を押し、申込者情報を入力後メールアドレスの認証に進みます。
メールアドレスの認証が完了すると、ご登録いただいたメールアドレス宛にメール認証完了(本登録)メールが送信されます。

  • 個人情報の取り扱いに同意の上、お申込みください。
  • 定員に達した日程は選択できなくなります。
  • メールの受信設定等をしている場合、「noreply@mail.its-kenpo.or.jp」からのメールを受け取れるようにしてください。
  • 迷惑メールや普段見ないフォルダに振り分けられてしまう場合があります。確認をしてもメールが届いていない場合は別のメールアドレスでも試してみてください。

本登録

メール認証完了(本登録)メールに記載のURLにアクセスし、申込みを完了すると申込完了メールが送信されます。申込完了メールには、内容の確認・変更URLとキャンセルに必要なURLが記載されておりますので、必ずご確認ください。

  • 申込完了メールが届かない場合、申込は完了していません。再度お試しください。

申込内容確認・変更・キャンセル

申込み受付期間中は、申込完了メールに記載のURLから申込内容の確認・変更・キャンセルが可能です。日程変更する場合は一度キャンセルをしてから新たにお申込みください。
会場参加型セミナーの申込み締切り後のキャンセルは、健診事業課までご連絡ください。(オンライン参加者のキャンセル連絡は不要です。)

申込み完了時、組合から事前記入用紙のURLを通知 【テーマ2】

申込み完了時に、参加申込の際ご登録いただいたメールアドレス宛に、組合から事前記入用紙のURLを記載したメールを送信します。
ご記入いただき、セミナー当日にお持ちください。

申込み締切り後、組合から参加URLを通知 【テーマ1・テーマ5(オンライン参加者向け)】

開催日が近づきましたら、参加申込の際ご登録いただいたメールアドレス宛に、組合からセミナー資料・参加用URLを記載したメールを送信します。
資料は事前にご確認いただき、当日は開催時間の5分前までにURLより参加してください。
Zoomアカウントをお持ちでない場合は、氏名・メールアドレスの入力画面がでてきますので、入力後参加してください。

これまで開催したセミナーの一覧

実施年度 セミナー
対象者
内容
令和5年度 労務担当者 IT企業の就業環境を整える
メンタル疾患のある方への対応方法(人事労務担当者向け)
管理職・人事労務担当者の感情労働とセルフケア
令和4年度 労務担当者 出社勤務と在宅勤務で復職対応は違う?
コミュニケーションを活性化するためのアサーション(自己主張)
傾聴スキルを身につけよう!
令和3年度 経営層 メンタルヘルスの問題を抱えている部下の話の聴き方
実務担当者 いま、あらためてラインケアの強化を!

産業保健の相談窓口のご案内(事務担当者向け)

お問い合わせは健診事業課へ

TEL. 03-5925-5349
受付時間/ 月曜~金曜(祝日・年末年始を除く) 9:00~17:00

ページの先頭へ