胃がんリスク検査

巡回婦人健診

胃がんリスクを知る上で、ピロリ菌感染の有無は重要なポイントです。あなたのピロリ菌感染の有無と胃がんの危険度が、郵送による血液検査で分かります。指先からわずかな血液を採取し郵送するだけの、自宅で簡単にできる検査です。

 

 

受診資格と費用

 対象者 対象年齢  利用料金
 被保険者及び被扶養者  30歳以上  無料

※対象年齢は、検査を受診する年度末年齢です。

※胃がんリスク検査(ピロリ菌判定)は、原則、生涯1度の検査です。
 平成25年11月以降に直営(山王・大久保)健診センターで健保指定ドックまたは1日人間ドックを
   受診された方(ピロリ菌判定実施済)、及び、今年度直営健診センターで健保指定ドックまたは1
   日人間ドックを受診される方はお申込みできませんのでご注意ください。

※次の方は正しい判定ができないため検査はできませんのでご注意ください。
・ピロリ菌の除菌治療を受けた方
・プロトンポンプ阻害剤を服用中の方 
・腎不全の方 
・明らかな上部消化器症状のある方 
・胃切除後の方 
・食道、胃、十二指腸で治療中の方

申込期間

   申込期間 検査キット返送期限 
 春季  平成30年4月1日~平成30年5月31日  平成30年8月31日
 秋季  平成30年10月1日~平成30年11月30日  平成31年2月28日

※検査キット発送時点で検査実施となりますので、期間内に必ずご返送ください。
※申込期間中であっても定員になり次第締切ります。

検査内容

 検査項目 陽性判定基準値 
ペプシノゲン法  ペプシノゲン(PG)Ⅰ値    PGⅠ値70.0ng/ml以下
かつ
PGⅠ/Ⅱ比3.0以下
 ペプシノゲン(PG)Ⅱ値
 ペプシノゲン(PG)Ⅰ/Ⅱ値
ヘリコバクターピロリ抗体検査  ピロリ菌抗体  10.0U/ml以上

 【ペプシノゲン検査】
胃粘膜萎縮の有無及びその程度を調べる検査です。ペプシノゲン法陽性の場合は、胃粘膜萎縮があると予測されます。胃粘膜萎縮があると胃がんや胃潰瘍などの病気になるリスクが高くなります。

【ピロリ菌抗体検査】
ピロリ菌の感染によって血中に作られるピロリ菌抗体の量を調べる検査です。陽性の場合はピロリ菌感染が考えられる、胃がんのほか、胃潰瘍、胃炎などの病気の原因とし注目されています。

申込方法【次回申込み開始は10月1日を予定しています】

WEBでの申込みです。(WEB以外での申込みは受付けておりません。)
下記より申込みください。

胃がんリスク検査申込みページ 【春季申込みは終了しました。次回秋季は10月1日開始を予定しています】

注意事項
・上記の「受診資格」を確認の上、申込みください。
・ご家族など同じメールアドレスでの登録はできません。各自違うメールアドレスで登録してく
 ださい。
・検査業務委託先より検査キット発送後のキャンセルはできません。
・採取済キットの返送がなかった場合は、次回以降の対象から外れ、申込みができなくなります。
 期間内に必ず採取を済ませてご返送ください。
・申込み情報に不備があった場合、「受付業務委託先 株式会社サンプリ」よりメールまたは電
 話にてご連絡がいくことがございます。

 問い合わせ先

申込みについて
■受付業務委託先 株式会社サンプリ
 ☎03(3549)0810  10:00~17:00(土・日・祝日・年末年始は除く)

検査キットについて
■検査業務委託先 株式会社リージャー
 デメカルサポートセンター 
 ☎0120-100-302  9:30~17:30(土・日・祝日・年末年始は除く)

胃がんリスク検査 Q&A

 

Q1 来年の2月に30歳になります。現在29歳です。胃がんリスク検査の申込みをしてもよろしいでしょうか?

A1
対象年齢は、実施年度末現在の満年齢となりますので、これから誕生日を迎え、実施年度末(当該年度の3月31日)までに30歳に達する人は申込むことができます。

Q2 被扶養者も申込みをしてもよろしいでしょうか?

A2
過去に胃がんリスク検査を受けていない、30歳以上の被扶養者は検査対象です。

Q3 直営健診センターで人間ドックを受診したか覚えていません。申込みをしてもよろしいでしょうか?

A3
申込み後に被保険者及び被扶養者の資格確認とともに、過去の受診記録も確認しますので、検査の受診資格がない場合には、その旨ご連絡いたします。

Q4 過去にピロリ菌検査を実施したことがあるのですが、申込みをしてもよろしいでしょうか?

A4
胃がんの原因であるピロリ菌感染は、幼少期に感染するものであるため、胃がんリスク検査(ABC検診)は原則、生涯に一度で良いとされています。申込みはできません。

Q5 検査キットが送られてきましたが、一部破損していました。どのようにすればよろしいですか?

A5
検査キットの内容物が破損や不足していた場合は、再送いたします。採血前と採血後で取り扱いが異なりますので、まずは、デメカルサポートセンター 0120-100-302(平日9:30~17:30)までご連絡ください。

Q6 検査キットを提出しましたが、うまく採血できたか心配です。

A6
提出いただいたもので検査ができない場合には、その旨をご連絡の上、検査キットを再送いたします。

Q7 検査結果が届きました。この後はどのようにすればよろしいですか?

A7
検査結果に記載されているアドバイスコメントを参考にしてください。検査結果の内容によっては、ピロリ菌除菌や精密検査等が必要な場合がありますので、その際は、検査結果をお持ちの上、かかりつけの医師もしくは専門医にご相談ください。また、今回の「胃がんリスク検査」に申込まれた方は、「オンライン健康相談」をご登録後30日間無料でご利用いただけます。

 オンライン健康相談

Q8 直営健診センターでのドック健診(1日又は健保指定)を予約してありますが、申込みをしてもよろしいでしょうか?

A8
直営健診センターのドック健診には、ヘリコバクターピロリ抗体検査とペプシノゲン検査が含まれていますので、申込みはできません。

Q9 検査キットの返送締切りまでに採血したキットを送ることができなかった場合は、どうなりますか?

A9
検査キットを発送した時点で検査実施と見なしますので、返送がなかった場合は次回以降の対象から外れ、申込みができなくなります。期間内に必ず採取を済ませてご返送ください。

検査キット

お問い合わせは健診事業課へ

TEL. 03-5925-5349
受付時間/月曜~金曜(祝日・年末年始を除く)9時~17時15分

ページの先頭へ