ヘルシーコース

4月、5月

さまざまな体の不調を感じやすい季節です。健康管理に注意しましょう!
気圧変動や寒暖差は交感神経が活発になり、自律神経の乱れやエネルギーの消耗によって疲れやすくなるなど体の不調につながります。心身の健康を維持するためには、交感神経と副交感神経のバランスが大切です。3食バランスよく、適度な運動と質の高い睡眠を心がけましょう。リラックスして楽しく食事することで副交感神経を高めることができます。

ヘルシーコース 4月、5月
写真はイメージです

約875kcal

精彩美拼盆 前菜九種盛り合わせ 
腸内環境が悪化すると自律神経が乱れて体の不調に影響します。野菜に含まれる食物繊維は、腸内環境の維持・改善に重要な栄養素です。またストレスによって増える活性酸素は自律神経の細胞にダメージを与えます。野菜に豊富な抗酸化成分が活性酸素の発生防止・除去に役立ちます。
約147kcal
巧手品點心 二種類の点心盛り合わせ 
蒸餃子や焼売は、栄養分が流出せずに無駄なく効率よく摂取することができます。栄養価を保ち素材の味を楽しめる一品です。
約90kcal
四宝蒸蛋翅 中華風茶碗蒸しフカヒレソース 
帆立貝・海老・タラバ蟹には、疲労を回復する働きがあるタウリンが豊富です。タウリンは水に溶けやすい性質がありますが、汁ごと食べるスープで無駄なく摂取することができます。
約95kcal
港式石斑魚 香港漁師風ハタのスープ煮込み 
ハタに多いグルタミン酸は体内でγアミノ酪酸(GABA)をつくります。γアミノ酪酸は脳内に存在して緊張やストレスを緩和する作用があり、自立神経障害の緩和に期待ができます。トマトはグルタミン酸と同時にγアミノ酪酸も豊富に含んでいます。
約40kcal
脆皮炸龍蝦 伊勢海老のパイ包み 
伊勢海老に多く含まれるグリシンは、不眠の改善や睡眠サプリに取り入れられているアミノ酸で、睡眠の質を高める作用があります。睡眠不足は精神機能の低下を引き起こし、自律神経にも大きな影響を及ぼします。
約81kcal
白灼滑和牛 和牛の湯引き 特製醤油添え 
肉体的・精神的ストレスが高まると亜鉛の消費が高まり多くの亜鉛が必要となります。亜鉛が豊富な牛肉と亜鉛の吸収を促進する作用をもつビタミンCをたっぷりと含む赤パプリカを一緒に摂ることで、ストレスから体を守る効果に期待ができます。
約259kcal
香港上湯麺 桜華樓特製つゆそば
肉・魚・大豆製品などに含まれるトリプトファンは、体内で幸せホルモンといわれるセロトニンをつくりますが、炭水化物と一緒に摂ることで産生が高まります。麺や米などの主食も大切な役割を担っています。
約130kcal
鮮水果甜品 季節のフルーツ
厚生労働省と農林水産省が共同で策定した食事バランスガイドでは、1日およそ200gの果物を摂取することが推奨されています。脳血管疾患・心血管疾患のリスク低下と強い関連が示されており、疾患予防に役立ちます。
約33kcal
  • アレルギー8品目のうち(卵・乳・小麦・落花生(ピーナッツ)・えび・かに)を含みます。

ページの先頭へ