トスラブ館山ルアーナのいま

トスラブ館山ルアーナ 秋の現地情報

館山パイオニアファームでの無花果(いちじく)狩り

南房総の温暖な気候で育った「いちじく」。生で味わえるのはこの時期だけです。いちじくは追熟しないので、完熟で食べられる機会は「いちじく狩り」でしか味わうことができません。完熟した甘くておいしい、種類も豊富な館山産のいちじくをぜひご賞味ください。

  • 前日までの要予約です空きがあれば当日予約も可能です。
    また、パイオニアファームではいちじくを使用したパウンドケーキやアイスクリームも販売しており、それらもとてもおいしく人気があります。
期間 8月14日(土)~10月31日(日)
休園日 水・木曜日
時間
  1. 10:30~
  2. 11:30~
  3. 13:00~
  4. 14:00~
  • 開始10分前迄にご到着願います。
料金

1名様1,300円(5個もぎ取り+品種ごとのご試食)

  • 完全予約制
    電話 0470-29-7209(受付時間9:00~17:30)
いちじく狩り

お問い合わせ

館山パイオニアファーム

住所 千葉県館山市正木441
TEL 0470-29-7209

日本唯一料理の祖神をまつる高家神社(たかべじんじゃ)の包丁式

高家神社

南房総市千倉町の小高い山裾に鎮座する高家神社は、料理の祖神をまつる神社として、調理関係者、味噌醤油などの醸造業者などから信仰を集めてきました。三十段ほどの石段を上り振り返ると、千倉の町並みの向こうに雄大な太平洋が広がっています。

包丁式

今からおおよそ千百年余り昔、様々な料理に造詣が深い光考天皇の命により、貴族社会の人々に宮中行事の一つとして行われてきたのが「包丁儀式」です。毎年、10月17日と11月23日に高家神社境内で包丁式の奉納が執り行われます。

包丁式

お問い合わせ

千倉町観光協会

TEL 0470-44-3581

高家神社奉賛会

住所 千葉県南房総市千倉町南朝夷62
TEL 0470-44-3967

芸術の秋、南房総でできる、おすすめの本格体験教室いろいろ

自分の手で作ってみる本格的な芸術はより楽しく、思い出に残るものとなるでしょう。いずれも2時間程度で体験でき、味のある作品が作れます。
トスラブ館山ルアーナ周辺でおすすめの本格的体験教室はこちら↓

お気軽に彫金を体験してみよう: 彫金工房 冨銀(とみぎん)

海辺にある工房で彫金体験ができます(トスラブから車で約25分)。
溶かした純銀をハンマーでうちのばし、刻印で模様を刻み、自分だけのオリジナルペンダントが造れます。バングルやリングも造れます。

営業時間 9:00~18:00の間でご予約可能
料金
  • ペンダント 3,800円~
  • バングル 4,900円~
  • リング 9,000円~
所要時間 ペンダント2時間程度 バングル、リングは3時間程度
  • 所要時間には個人差があります。
予約 空いていれば、当日予約も可能ですが、事前予約が確実です。
  • 1回の工作可能人数は2人~4人まで。
    また疫病退散のコロナに負けない願いを込めた「アマビエ」のペンダントも購入できます。
「アマビエ」のペンダント

お問い合わせ

彫金工房 冨銀

住所 千葉県館山市那古925-26
那古の海岸通り、セブンイレブンの近く
TEL 090-7838-4555(受付時間 20:00頃まで)
メール maestro@tomigin.com

陶芸を体験してみよう: やきも乃 一慧(いちえ)

南房総白浜にある陶芸窯です(トスラブから車で約10分)。
初心者〜経験者まで、温かみのある作品づくりをお手伝いします。ゆっくりと自分と向き合いながら、「つくる」ことの楽しさを実感してみませんか? 併設のギャラリーではオーナーの作品を展示販売しています。南房総の旅の記念にぴったりのやきものもぜひご覧ください。

営業時間 10:00~/ 12:00~/ 14:00~/ 16:00~/ 18:00~ 各2時間程度
定休日 不定休
基本料金 大人 2,200円/ 1人 中学生まで 1,100円/ 1人
  1. その他焼成料がかかります。500~1,000円(作品によって異なります)。
  2. 完成した作品を取りに来られない方は別途送料のお支払いで送ることも可能です。
予約 前日までに要予約(当日でも受付可能の場合があります)
  • 1回の工作可能人数は2人~4人まで
Glass Fish

お問い合わせ

やきも乃 一慧

TEL 0470-38-5828

鋸山の歴史とハイキングを楽しむ~鋸山美術館と鋸山~

トスラブ館山に来る途中、富津市浜金谷の鋸山にお立ち寄りになってはいかがでしょうか。

鋸山は昔から安房地域(安房郡、南房総市、館山市)の入口と言われています。館山道を下ってくると、突然切り立った崖を持った山が現れます。昔は「房州石」の石切り場で、皇居や横浜公園の石垣にも使われている「房州石」を切り出していた場所でした。石を切り出していったが故に、今のような切り立った崖や「地獄のぞき」と呼ばれる展望崖が出来上がりました。
また、その石切り場としての歴史を事前に「鋸山美術館」で学ぶことで、より味わい深い探訪となること間違いなしです。

鋸山美術館(旧金谷美術館)
鋸山美術館(旧金谷美術館)

現在は観光スポットとして再び脚光を浴びており、ハイキングで頂上を目指すことも、ロープウェーを利用していくこともできます。昔の石切り場ならではの景色が楽しめ、緑豊かな山で鳥のさえずりを聞きながらの散策も楽しめます。脚力レベルに合わせてコースを選択されることをお薦めします。階段が多いので歩きやすい服装と滑らない靴がお薦めです(山登りの服装や靴がおすすめです)。

鋸山ロープウェー
鋸山ロープウェー
日本寺の大仏
日本寺の大仏

また日本寺の大仏は日本で一番大きく、左手に薬壺を持っている、病苦を救う医薬の仏様です。今の時期に参拝するのにふさわしい仏様といえます。
ちなみに、頂上付近にはトイレはないのでご注意ください。

トスラブ館山ルアーナから見る夕日が楽しめる季節です

「夕日のまち、館山」
トスラブから見る夕日が美しい季節は秋から春までになります。この季節になると天気の良い日はロビーから美しい夕日をお楽しみいただくことができます。また、天気が良いと伊豆大島に沈む「ダイヤモンド富士」ならぬ「ダイヤモンド大島」が見られます。

  • ダイヤモンド富士は年2回、5月と7月にご覧いただけます。

ぜひ日没の時間前にご到着され、ロビーでお寛ぎになりながら優雅なひと時をお過ごしになってみてはいかがでしょうか(日没前の30分前位からがおすすめです)。

トスラブ館山ルアーナから見る夕日
トスラブ館山ルアーナから見る夕日

ページの先頭へ