健康経営に関する取り組みについて

健康経営に対する基本方針

当健康保険組合は、組合員とその家族の皆様の健康の維持・向上に努めるため、職員の健康の保持と活き活きと働ける職場づくりを目的とした「健康経営」への取り組みを通じて、職員一人ひとりがその能力を充分に発揮できる環境整備を実施します。

健康経営推進体制

当健康保険組合の役員、産業医、職場代表者、総務課及び事業所の健康経営を推進する部署で構成される衛生委員会や健康づくり委員会で四半期ごとに、職員の健康状況や労働時間等の現状報告、課題の共有及び健康づくりへの取り組みを検討・展開しています。

取り組み内容

関東ITソフトウェア健康保険組合の事業として「健康企業宣言」を通じた健康づくりの企業風土の醸成を進める一方、顕彰制度である「健康経営優良法人認定制度」等の取得に向けたサポートを行い、事業所との協働(コラボヘルス)により、事業所の健康経営と健康保険組合のデータヘルス計画双方の推進を図っています。
当健康保険組合も適用事業所のひとつとして、健康保険組合が行っている取組みに積極的に参加しています。

ページの先頭へ