ITS加入のメリット

健保組合加入は、事業主と社員にとって、とても魅力的です

ITS加入のメリット

関東ITソフトウェア健康保険組合は、(社)日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会を設立母体として、昭和61年4月1日に設立され、協会けんぽに代わって健康保険に関する全ての事業を行っています。設立以来、健康づくりや疾病予防のための保健事業、また付加給付など協会けんぽよりも充実した独自の事業を積極的に実施し、組合員の皆様とその家族の健康をサポートしてまいりました。 景気変動の影響を受けながらも、関連業界の堅実な伸びを反映して事業所数並びに被保険者数ともに順調に増加し、IT業界を代表する企業が数多く加入しております。貴事業所におかれましても、ご加入についてご検討賜りますようお願い申し上げます。

メリット1:保険料が安くなります

事業主、被保険者共に、一般保険・介護保険料が協会けんぽより少ない負担となります。( H28.4.1適用 )

協会けんぽと当健康保険組合との保険料率の比較

協会けんぽ(全国平均)

事業主負担 被保険者負担
一般保険料率 50.0/1000 50.0/1000 毎月負担
介護保険料率 7.75/1000 7.75/1000 毎月負担
関東ITソフトウェア健康保険組合

事業主負担 被保険者負担
一般保険料率 42.5/1000 42.5/1000 毎月負担
介護保険料率 6/1000 6/1000 毎月負担

※健康保険組合は、厚生労働大臣の認可のもとに一定の範囲内で保険料率を決めることができます。

当健康保険組合と協会けんぽの保険料率を比較し差額を計算してみると

  • 例: 被保険者20人、平均の標準報酬月額380,000円、賞与等が7月支給分380,000円、12月支給分380,000円の事業所を仮定した場合

協会けんぽ 当健康保険組合 差額
被保険者の一般保険料(個人分) 月額 19,000円 16,150円 2,850円
賞与等(7月、12月計) 38,000円 32,300円 5,700円
年額 266,000円 226,100円 39,900円
事業主の一般保険料(20人分) 月額 380,000円 323,000円 57,000円
賞与等(7月、12月計) 760,000円 646,000円 114,000円
年額 5,320,000円 4,522,000円 798,000円
事業主+被保険者全員の一般保険料 月額 760,000円 646,000円 114,000円
賞与等(7月、12月計) 1,520,000円 1,292,000円 228,000円
年額 10,640,000円 9,044,000円 1,596,000円
吹き出し

一人ひとりの差額はわずかでも、会社全体で支出する差額は 年間1,596,000円 にもなります

(注)協会けんぽの保険料率は全国平均を使用しています。都道府県の支部ごとに料率が異なりますのでご了承ください。

このページのトップへ

メリット2: 付加金が給付されます

病気やケガ、出産、死亡に際した場合、「健康保険」では一定の給付が行われます。

その給付内容は、法律で定められている給付(法定給付)と各健康保険組合が独自で行う給付(付加給付)とがあります。(協会けんぽには付加給付はありません)

当健康保険組合では、被保険者並びに家族の方々の健康の保持増進と福祉の向上を図るという社会的使命に基づき、次のような付加給付を実施しております。詳しくは給付一覧をご参照ください。

このページのトップへ

メリット3: 保健事業

当健康保険組合加入事業所の被保険者、そのご家族の皆様の健康保持・増進のための事業として、直営健診センターを中心とした健康診断、保養施設、各種イベント等の事業を実施しております。

2つの直営健診センターと全国各地の契約健診機関

健診機関

当健康保険組合では、疾病予防を保健事業の中心と位置づけ、山王、大久保の2つの直営健診センターと契約健診機関を設置しています。また、直営健診センターには、リーズナブルな料理が楽しめる飲食施設もそれぞれに併設されています。

関東近郊を中心とした直営・通年保養施設が1泊5,400円(被保険者、被扶養者)

直営・通年保養施設

トスラブ箱根和奏林、トスラブ箱根ビオーレ、トスラブ館山ルアーナ、トスラブ湯沢の4つの直営保養施設の他、通年保養施設がご利用になれます。

全国各地にある宿泊施設の利用補助

宿泊施設

JTB契約の旅館・ホテルからさまざまな公共の施設・ITS旅行センターの契約保養施設利用に1泊につき5,000円(年度内3泊まで)、 契約のオートキャンプ場利用1泊につき1,000円(1回2泊まで)の利用補助が受けられます。また、ITS旅行パックでは交通機関とホテルの宿泊セットもあり、半額補助(上限10,000円/年度内2回まで)により低料金でご利用になれます。

ページの先頭へ