インターネット予約利用方法(個人予約用)

 平成29年2月16日(木)より、インターネット予約システムの機能を一部改修します。
詳しくはこちらをご覧ください。

  • 平成29年度の健診予約開始スケジュールはこちらをご覧ください。

メニュー

インターネット予約システムについて 予約から受診まで 予約にあたってのご案内
利用推奨環境 健診利用料の支払いについて 直営健診センター 利用案内
予約方法 予約番号について インターネット予約機能
各予約機能の利用期限について 予約のキャンセル・取り直しについて
各機能(個人予約機能・個人予約照会機能)の利用方法 インターネット予約利用方法についてのお問い合わせ  

 

インターネット予約システムについて

インターネット予約システムは直営健診センター2施設の健診予約を行うためのシステムです。

 

  • インターネット予約システムで取り扱っている内容

    ・健診コース(1日人間ドック、健保指定ドック、基本健診)の予約
    ・一部のオプション検査(婦人科検査、マンモグラフィ検査、骨密度測定)の予約 ※健診と一緒に申込みが必要です。
    ・事業所としての支払方法の設定(事務担当者登録による事務担当者専用機能)
    ・予約後に利用する予約に付随するいくつかの機能(キャンセル、オプションの追加・削除、予約時の送付先登録住所の変更)及び問診票登録機能

  • システムによるチェック機能と動作について

    ①組合員認証、コース受診資格のチェックについて
    予約の際は組合員の資格の他、コースやオプション検査の受診条件、受診資格のチェックを行っています。受診資格を満たさない方の予約は行えません。

    以下は予約が行えない方です。
    ・組合員でない方(加入される前や喪失された後の方など)
    ・コースの受診条件を満たさない方
     ※例えば配偶者でない30歳未満の被扶養者の方(受診できるコースがありません)や年齢対象外の方

    その他、未来の日にちで既に予約されている方(本日以降で有効な予約が存在する方)は予約できません。
     
    ②保険証の記号・番号が変更になった場合の取り扱いについて
    ・変更前の記号・番号で行われていた予約は自動的にキャンセルされます。




予約にあたって、各健診センターの施設概要や健診の取り扱いについては以下のリンクからご確認ください。


施設概要、アクセスマップ≫


健診種別、受診資格、利用料金、オプション検査等≫



ページの先頭へ

予約から受診まで

平成29年度の健診より問診のWEB入力がスタートとなり、予約から健診までは以下の流れとなります。


①インターネット予約から予約を行います。
②受診される方へ予約サポートデスクから受診票を送付します。
③受診される方はWEBから問診入力を行います。
④受診

平成28年度の健診では受診票ではなく健康診断問診票(用紙)をお送りし、直接記入のうえ当日お持ちいただくかたちとなっています。

HOME > 健康管理 > 直営健診センター > 直営健診センター 利用案内 > 平成29年度 はじめに > 昨年度からの変更点

HOME > 健康管理 > 直営健診センター > 直営健診センター 利用案内 > 平成29年度 受診 > 受診票の送付


ページの先頭へ

予約にあたってのご案内

予約について

  • 予約はインターネットのみからになります。
  • インターネット予約は24時間365日利用できます。

インターネット環境での予約が困難な方は直営健診センター予約サポートデスク(TEL03-5925-5355)までご相談ください。


~よくあるご質問~

Q1.  電話で予約はできないのでしょうか?
A1.  電話での予約は原則お受けいたしません。直営健診センター予約サポートデスクでは操作手順のご案内等、皆様にご利用いただくWEB予約をサポートします。WEB環境で予約が行えない方に限り、スタッフが代理でシステムに照会、申し込みをいたします。空き状況は皆様がご覧になっている空き状況と同じです。状況によっては予約をお取りすることができない場合もあります。

Q2.  WEBの空き状況では空きがありませんが、電話なら空きはありますか?キャンセル待ちはありますか?
A2.  電話用の枠はありません。WEB予約の空き状況がすべてです。キャンセル待ちもありません。個人予約のキャンセルは、空き枠照会に今日から7営業日以降の日程でリアルタイムに反映されます。事業所が確保している団体枠が未登録で自動キャンセルされる分は、空き枠照会に今日から29日後の日程で反映されます。直営健診センターの空き状況で都合がつかない場合は、組合が契約をしている契約健診機関も併せてご検討ください。

ページの先頭へ

予約時に必要な情報について

  • 予約の際は保険証に記載されている組合員情報が必要になります。

予約を行う際は、保険証に記載されている記号・番号等の情報が必要になります。個人でお申込みいただく場合は、お手元に保険証をご用意のうえ、ご予約ください。


~よくあるご質問~

Q1.  個人予約の情報入力で「該当する組合員がいません」というエラーになりました。入力した内容に誤りはないと思うのですが、どの項目に誤りがあるかわかりません。
A1.  保険証の記号、番号、カナ氏名、性別、生年月日は組合員としての認証項目になります。これらの認証項目でエラーになった場合は、絞り込みによる不正利用を防ぐためにどの項目がエラーになっているかの表示は行いません。お手数ですが、内容や入力項目そのものに誤りがないかご確認いただき、再度入力を行ってください。もし、保険証の記載に誤りを見つけた場合は、事業所の事務担当者にお話しいただき、保険証登録変更の手続きをお取りください。

ページの先頭へ

予約機能の仕様について

  • 確定画面が表示されるまでは予約は確定となりません。

空き枠照会(個人予約)機能から予約を行う際は、予約確定画面となるまで仮押さえは行っていません。空き状況が変化し、確定前に選択していた予約に空きがなくなった場合、確定画面には確定を表す内容ではなく「予約できませんでした」のメッセージが表示されます。


~よくあるご質問~

Q1.  個人予約の際に、最後の画面で「予約できませんでした」とメッセージが出ました。空き枠照会では予約枠は空いていたと思うのですが、予約は取れなかったのでしょうか?
A1.  予約は取れていません。予約手続き中に予約の仮押さえを行ってはいないので、同じ予約内容をほかの人が先に登録してしまうと上記のメッセージが表示されます。お手数ですが、別の日程で再度やり直しを行ってください。予約の最後の画面で「個人予約登録が行われました」というメッセージが表示され、予約番号が発番されると予約は完了になります。

ページの先頭へ

各コースの受付時間について

  • 予約画面の受付時間は午前・午後の表記となっていますが、以下の時間帯での受付になります。
予約時の選択健診コース 受付時間帯
1日人間ドック(午前) 08:30~09:00
健保指定ドック(午前) 09:00~10:00
1日人間ドック(午後) 12:45~13:00
健保指定ドック(午後) 12:45~13:00
基本健診(午後) 13:00~14:30


~よくあるご質問~

Q1.  午後の1日人間ドックで予約を行いました。同じ日の午前に行っても受診できますか?
A1.  午後の時間でのご予約となりますので、同じ日でも午前で健診をご受診いただくことはできません。午前の時間がよろしければ、現在の予約をキャンセルして予約を取り直していただく必要があります。お取り直しいただく際は、十分に空きがあるタイミングで次の予約が行えることを確認の上行ってください。キャンセルした予約は元に戻すことはできません。

ページの先頭へ

年度内複数回受診について

  • 組合の補助を利用できるのは年度内に1回のみです。

2回目以降で補助が利用できない健診は特定の条件のみ受け入れております。(下記Q&A参照)


システム上では以下の取り扱いとなっています。

  • 今日を含めた未来日で予約が存在する場合は、その予約をキャンセルしなければ次の予約を行うことはできません。(日程を変更する機能はありません)
  • 受診日を過ぎた予約は、受診の有無にかかわらず有効な予約として取り扱われませんのでそのまま次の予約を行うことができます。


~よくあるご質問~

Q1.  同年度内に2回の健診を受けることができますか?
A1.  労働安全衛生法に定められている特定業務従事者(労働安全衛生規則第45条)に限り健診を受け入れています。1回目の健診が済んでから改めて予約を行ってください。健診にかかる費用は、1回目の健診が補助利用の取り扱いとなるため、2回目は実費となります。個人的な理由での2回目のご利用は、受け入れ人数が限られておりますのでご遠慮いただいております。

ページの先頭へ

利用推奨環境

予約を行う際は組合ホームページhttp://www.its-kenpo.or.jp/から予約サイトhttps://sy.its-kenpo.or.jp/へ遷移します。

以下は予約サイトの利用における推奨ブラウザと注意事項です。

推奨ブラウザ

  • Microsoft Windows
    ・Internet Explorer 9、Internet Explorer11
    ・Edge
    ・Google Chrome バージョン55以降
    ・Mozilla Firefox バージョン50以降
  • Mac OSX
    Safari10
  • iOS9、iOS10(iPhone/iPad)
    Safari

※お使いのブラウザのCookieとJavascriptを有効にしていない場合利用できません。CookieとJavascriptを有効にする方法については、システム管理者の方にお問い合わせください。
※iPhone、iPadでは一括登録用ファイルのダウンロードはできません。

※予約サイト「https://sy.its-kenpo.or.jp/」内ではブラウザの「戻る」「更新」ボタンは使用しないでください。正常に動作しない場合があります。
※予約サイト「https://sy.its-kenpo.or.jp/」へはダイレクトに遷移できません。お気に入りの登録等にはご注意ください。

ページの先頭へ

健診利用料の支払いについて

直営健診センターでは健診利用料の支払いは事業所単位で一律の取り扱いとさせていただいております。
受診の際は、当日に支払いが発生するかどうかを会社の事務担当者にご確認いただいたうえでご受診ください。


~よくあるご質問~

Q1. 個人で予約をしましたが、支払方法は窓口精算ですか?

A1. 個人予約、団体枠予約ともに支払方法は事務担当者用ページで設定した支払方法が適用され、事業所ごとに一律の設定となります。不明な場合は事業所の事務担当者にご確認ください。

ページの先頭へ

直営健診センター 利用案内

予約にあたっては以下のリンクより、直営健診センターでの健診の取り扱いについてあらかじめご確認のうえご予約ください。

健診種別、受診資格、利用料金、オプション検査等≫

直営健診センター 利用案内(平成29年度)

直営健診センター 利用案内(平成28年度)

ページの先頭へ

雇入時健診について

各健診コースをWEB予約にてお申し込みいただいた後、別途直営健診センター予約サポートデスク(TEL 03-5925-5355)にお電話いただき、雇入時健診を承ります。雇入時健診についての詳しい内容はこちらをご覧ください。


~よくあるご質問~


Q1.  
入社予定者の健診(雇入時の健康診断)の申し込みはできますか?
A1.  
一般的に雇入時健診と呼ばれている健診は、新入社員に対して行う健診です。予約時に資格の確認を行うことから、被保険者の資格が無い場合は予約できません。資格取得後に予約してください。資格取得後も予約が可能となるまで数日かかります。雇入時健診として利用する場合は、健診コースをWEB予約後に直営健診センター予約サポートデスクにご連絡ください。雇入時健診としてオプションを追加いたします。

◎雇入時健診とは労働安全衛生規則第43条により、事業者は常時使用する労働者を雇い入れるときは、条項に定める項目について医師による健康診断を行うことを義務付けられています。


ページの先頭へ

オプション検査について

インターネット予約から健診と併せて申し込みが行えるオプションは以下の通りです。

  • 婦人科検査
    各コースにつき、実施できる全体枠数(予約できる全体枠数)は固定となります。例えば、婦人科オプション付の予約がキャンセルされた場合、婦人科オプション付として空きに開放され、婦人科オプションなしでは予約できません。逆も同様です。
  • マンモグラフィ検査
    婦人科検査の予約がなければ申し込みできません。年度末40歳以上の方が婦人科検査を予約された場合は無料検査として自動的に追加されます。
    ※年度末年齢40歳以上の方を事務担当者機能の一括登録から受診者として登録を行う場合は、マンモグラフィ「あり」として登録を行う必要があります。
  • 骨密度測定
    午前(1日人間ドック、健保指定ドック)と午後(1日人間ドック、健保指定ドック、基本健診)のくくりで実施人数に制限があります。午前・午後各何名という取り扱いです。

~よくあるご質問~

Q1. オプションの婦人科検査は後から追加で付けられますか?
A1. 個人予約照会>オプション追加から下記の条件を満たした場合は追加することができます。ただしほとんどの日程において後からの追加は難しいと見受けられます。追加を試みて追加不可となった場合は、別の日程で予約の取り直しが必要です。婦人科検査を希望される場合は、初めから婦人科付コースを選択してください。

追加できる場合の条件 婦人科検査付のコースに空きがある
(参考)削除できる場合の条件 婦人科検査なしのコースに空きがある

Q2. 40歳の女性です。婦人科検査に含まれているマンモグラフィ検査をキャンセルすることはできますか?
A2. 40歳以上の婦人科付コースに含まれるマンモグラフィ検査については、WEB予約でははずすことはできませんので、健診当日窓口にてお申し出ください。

※マンモグラフィの予約時の取り扱い

条件/予約機能 空き枠照会(個人予約) オプション追加
婦人科予約ありで40歳以上 自動付与
外す:不可(受診当日にお申し出ください)
自動付与
外す:不可(受診当日にお申し出ください)
婦人科予約ありで40歳未満 希望制
人数制限なし
希望制
外す:○
人数制限なし
婦人科予約なし 申し込み不可 申し込み不可

Q3. 健診内容に含まれていない検査項目を、オプションとして追加できますか?
A3. 婦人科検査とマンモグラフィ検査、骨密度測定はWEB予約時に申し込みが可能です。これ以外の検査項目については健診当日に健診センターにご相談ください。

Q4. 基本健診に胃X線検査と腹部超音波検査を追加することはできますか?
A4. 基本健診に胃X線検査と腹部超音波検査を追加することはできません。30歳未満の方で基本健診に胃X線検査や腹部超音波検査の追加を希望される場合は、契約健診機関にお問い合わせください。

ページの先頭へ

予約方法

予約は「空き枠照会(個人予約)」から行います。

HOME > 健康管理 > 直営健診センター > インターネット予約 > 空き枠照会(個人予約)


~よくあるご質問~

Q1. 任意継続になり、初めて健診の予約をとります。予約を取る上での注意事項を教えてください。
A1.

  1. 任意継続の場合、健診料金は窓口にて現金でお支払いただくことになります。コースにより料金は異なりますので、ご確認の上予約をお取りください。
  2. WEB予約の際、書類送付先住所は「自宅」を選択し必ず住所を入力してください。「会社」を選択しないようにお願いいたします。

ページの先頭へ

予約番号について

予約をすると、必ずひとつの予約に対しひとつの予約番号が発番されます。予約番号は、WEB問診の入力(平成29年度受診分より)のほか、予約日程のキャンセルやオプション追加など、個人予約照会機能を利用するために必要な項目となりますので予約時に必ず控えるようにしてください。


~よくあるご質問~

Q1.  健診の予約をした際、予約番号を控えるのを忘れました。何かで確認することはできますか?
A1.  下記の方法で確認できます。

  1. 受診日のおよそ3週間前に受診票をお送りします。その受診票に記載があります。
  2. 直営健診センター予約サポートデスクに照会いただければ、お調べします。その際本人確認のために保険証の記号・番号などをお伺いします。
  3. 各事業所の健診事務担当者であれば、WEB予約の事務担当者用ページの予約照会から(被保険者のみ)確認することができます。

ページの先頭へ

インターネット予約機能

受診者本人が利用する予約のメニューには予約を行うための個人予約機能と予約確定後に利用する個人予約照会機能があります。

  • 個人予約機能:空き枠照会を経て予約を行います。
  • 個人予約照会機能:個人予約の完了後に利用する機能です。予約のキャンセル、オプションの追加・削除、送付先住所の変更が行えます。

個人予約機能

メニュー名称 機能 Q&A
空き枠照会(個人予約) 1名単位で予約を行う機能です。 最短で予約できる受診日は? 空きがあれば本日から平日7営業日先の日にちが、最短で予約を行える受診日です。


個人予約照会機能

メニュー名称 機能 Q&A
個人予約照会
予約時に発番される予約番号と保険証の記号・番号でログインすることで予約の内容が確認できます。
いつまで利用できる? 予約をキャンセルしない限り年度内は予約の内容を確認することができます。
個人予約キャンセル 個人予約照会にログインすることで利用することができます。 いつまで利用できる? 受診日の前日まで可能です。平成29年度予約受付開始に伴い、当日でもキャンセルが行えるようになります。
オプション追加 個人予約照会にログインすることで利用することができます。オプションの追加だけでなく、削除も行えます。追加・削除いずれの場合でも変更先の予約枠に空きがあることが可否の条件となります。 いつまで利用できる? 受診日の30日前までです。※受診日にこだわらなければ、オプション追加機能を利用せずに空きのある別の日程で取り直すという選択肢もあります。
送付先住所登録 個人予約照会にログインすることで利用することができます。予約時に登録した送付先住所を変更できます。 いつまで利用できる? 受診日の30日前までです。

資格喪失および保険証の記号・番号変更による予約の自動キャンセルについて

資格を喪失された場合、予約は自動的にキャンセルされます。転籍・再雇用等により保険証の記号・番号が変更になった場合も同様の取り扱いで、予約は自動的にキャンセルされます。
資格を喪失している場合は、以降の予約および受診はできません。保険証が新たに発行されている場合は新しい記号・番号で予約の取り直しを行ってください。


~よくあるご質問~

Q1. 関連会社に転籍予定です。すでに予約を取ってありますがそのまま受診できますか?
A1. 受診することはできません。転籍等により資格喪失した場合、前職での予約は自動でキャンセルされ、新しい保険証の記号・番号には引き継がれません。転職や再雇用であっても、新しい保険証の記号・番号で再申し込みが必要となります。また、退職して任意継続被保険者となった場合も同様です。

Q2. 予約を行ってからどのくらいで健診結果が手元に届きますか?
A2. 最短で予約が行えるのは個人予約からの7営業日先の日程です。この日程で空きがあり予約が行えた場合、受診は予約した日から約10日後になります。結果報告書の発送は受診から3週間前後となりますので、予約を取ってから健診結果が手元に届くまで最短でも1か月程度の時間がかかることになります。

ページの先頭へ

各予約機能の利用期限について

各機能の利用期限は受診日を基準に設けられています。

個人予約照会機能のうち、「オプション追加」「送付先住所登録」は受診日の30日前までが期限となっており、受診日までに30日を切った日にちで予約を行ったあとにオプションまたは送付先住所の変更を行いたい場合は現在の予約をキャンセルし予約を取り直す必要があります。

ページの先頭へ

予約のキャンセル・取り直しについて

予約のキャンセル

予約のキャンセルは個人予約照会のキャンセル機能から行います。

HOME > 健康管理 > 直営健診センター > インターネット予約 > 空き照会・個人予約 > 予約確認(個人予約照会、キャンセル、オプション追加・削除、送付先住所の変更)


個人予約照会のキャンセル機能の利用には予約番号、保険証の記号・番号が必要です。

予約番号についてはこのページの「予約番号について」でご確認ください。

ページの先頭へ

予約の取り直し

予約の取り直しを行う場合は現在の予約をキャンセルする必要があります。キャンセルが必要かどうかは現在の予約受診日が「いつ」かにより異なります。

現在の予約をキャンセルするタイミング 取り直しを行うためのキャンセル操作 備考
①予約受診日が過去の日にち 不要 受診日を過ぎた予約は有効な予約として取り扱われません。キャンセルを行わなくても次の予約が行えます。
②予約受診日が本日 キャンセルできません 当日のキャンセル処理は行えません。翌日になれば①となりますのでそのまま次の予約をお取りください。
※平成29年2月16日より③と同じ取り扱いになり、キャンセルが必要になります。
③予約受診日が未来の日にち 必要 現在の予約が有効な予約として取り扱われるため、現在の予約をキャンセルしない限りは次の予約は行えません。


~よくあるご質問~
Q1.予約していた日に業務で受診できません。日にちの変更はどうすればよいですか?
A1.現在の予約を一旦キャンセルして予約を取り直す必要があります。

Q2.予約していた日に健診を受けることができませんでした。あらためてWEB予約でキャンセルする必要はありますか?
A2.受診日を過ぎた場合、キャンセルする必要はありません。そのまま次の予約を取ることができます。

ページの先頭へ

変更履歴

更新日時 更新内容 対象
2017年3月7日 ・利用推奨環境を更新しました ・利用推奨環境
2017年1月18日 ・コンテンツの見直しを行いました ・全体
2016年7月1日 ・雇入時健診をWEB予約から廃止し、電話受付へ変更しました ・空き枠照会(個人予約)
2016年1月18日 ・雇入時健診のWEB予約化 ・空き枠照会(個人予約)
2015年9月19日 ・送付先住所入力欄を「自宅」または「会社(組合登録事業所住所)」の二択制としました ・空き枠照会(個人予約)

 

ページの先頭へ

インターネット予約利用方法についてのお問い合わせは予約サポートデスクへ

TEL.03-5925-5355
受付時間/月曜~金曜(祝日・年末年始を除く)9時~17時15分


ページの先頭へ

インターネット予約

ページの先頭へ