保険料納付について

保険料について

  1. 保険料額
    任意継続被保険者の保険料は全額自己負担となり、ⒶⒷどちらか低い額に保険料率(85/1000、97/1000)を掛けて算出されます。(健康保険法第47条)
    Ⓐ退職した時の標準報酬月額
    Ⓑ平成29年4月分保険料から27等級410千円(※ 平成29年度の標準報酬月額の上限額)

    標準報酬月額の上限額は前年(1月から3月までについては、前々年)の9月30日における当組合全被保険者の標準報酬月額を平均した額となります。
    ※〔平成28年9月30日においては395,539円(27等級410千円)〕

     保険料額は、収入額による見直しはありません。ただし、介護保険該当(40歳到達)・不該当(65歳到達)、毎年度見直す保険料率の改定・標準報酬月額の上限改定により変更になる場合があります。
    ・介護保険該当・不該当についてはお送りする納付書にてご確認ください。
    ・保険料率のご案内は3月初旬に郵便、ITSメール配信登録をされた方にはメールでもご案内いたします。(保険料率は毎年度見直しています。)
    ・標準報酬月額の上限改定がある場合で保険料納付額が変更になる方には保険料額改定通知を3月中旬に郵送いたします。

    保険料額一覧表(PDF/12KB 平成29年4月1日適用)
    平成29年4月分保険料から

  2. 保険料の納付期限
    初回保険料
    初回保険料用納付書に記載されている日付
    となります。健康保険被保険者証(以下、保険証と記載)の作成日からおよそ10日後となります。初回保険料が納付期限までに納付されなかった場合は、健康保険法第37条第2項により任意継続被保険者の資格を取り消します。 資格が取り消された場合は、お送りした保険証は使用することができません。保険証で診療等を受けた場合には、医療費を返還していただくことになります。
    2回目以降の保険料
    「各月の納付」が※基本となり納付期限は毎月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日) となります。納付期限までに納付されなかった場合は、健康保険法第38条第3項により納付期限日の翌日に被保険者資格を喪失 し、喪失日以降は保険証を使用することができなくなります。納付書が届かない場合や紛失された場合でも下記納付方法のいずれかで期日までに納付する必要があります。

    注) 「納付書が届いていなかった」「納付を忘れた」「納付期限を勘違いしていた」等の理由も資格喪失となりますのでご注意ください。
    ※一定期間をまとめて納付する前納制度もあります。詳しくは下記を参照ください。

納付書について

  • 初回の保険料
    郵送でのお手続きの場合
    簡易書留にて保険証と一緒に初回保険料用納付書を送付します。
    窓口でのお手続きの場合
    窓口にて初回保険料用納付書をお渡しします。

    任意継続の資格取得月(資格取得日が属する月)と任意継続の取得手続き月が同じ場合は1か月分、取得手続きが翌月になった場合は2か月分が初回保険料となります。
    例)①取得日 3月31日 / 取得手続き日(保険証交付日)3月31日 → 初回保険料1か月分
      ②取得日 3月31日 / 取得手続き日(保険証交付日)4月1日 → 初回保険料2か月分

    ※取得日が月の途中でも1か月分の保険料がかかります。
    ※資格取得月に就職した場合(同月得喪)、加入期間がひと月に満たなくても1か月の保険料がかかります。

  • 2回目以降の保険料
    納付書は資格取得手続きをした月の末日にまとめて送付します。
      3月から7月の間に手続きをした場合 → 9月分まで
      8月から2月の間に手続きをした場合 → 3月分まで

    ※各月納付の他に前納制度 による納付方法がございます。

    以降は3月末日と8月末日に半期分(年度の途中で期間満了により喪失される場合は喪失月の前月分まで)の納付書を送付します。
      4月~9月分の納付書 → 3月末日発送
      10月~翌年3月分までの納付書 → 8月末日発送

    ※毎年3月1日、9月1日に前納制度 のお申込みが始まります。前納納付期限は3月末日、9月末日(土・日・祝日の場合は前営業日)となります。4~9月分納付書については前納納付期限までに納付がなかった方に送付いたします。

    納付書が届かない場合や紛失された場合は再発行いたしますので徴収課までご連絡ください。
    届いた各月の納付書で先の月の分までまとめて保険料を納付することができますが、納付した期間が満了するまで国民健康保険への切り替え、被扶養者への切り替えを理由に資格喪失することはできません。保険料の返還も求めることができませんのでご注意ください。(切り替えをする場合、未納による喪失をしなければなりません。)

前納制度について

保険料の納付方法には、健康保険法第165条により将来の一定期間分(年度内で半期または一年)をまとめて納付することで若干の保険料の割引が受けられる前納制度があります。(初回保険料は前納とはなりません。)

  • 最初の前納
    取得手続をした月の翌月分から9月分又は翌年3月分までとなり、納付期限は取得手続をした月の末日(前納の場合、末日が土・日・祝日の場合は前営業日)となります。取得手続きの時期によっては前納の申出に添えないことがありますのでご了承ください。
    例)取得日 4月1日(4月分は前納とはなりません。)
    前納期間 5月分~9月分又は5月分~翌年3月分
    納付期限 4月末日(土・日・祝日の場合は前営業日)
    ご希望の場合は納付書をお送りしますのでお早めにご連絡ください。
    前納の納付期限までに納付がなかった場合は、月末に各月の納付書を送付します。
  • 2回目以降の前納
    申込み開始日 前納期間 納付期限
    3月1日 4月分~9月分又は4月分~翌年3月分 3月末日
    9月1日 10月分~翌年3月分 9月末日
    ※途中で期間満了、75歳到達により資格喪失日が到来する場合は前納期間は資格喪失予定日の前月分までとなります
    ※納付期限が土・日・祝日の場合は前営業日

    お申込み方法、保険料額につきましては3月と9月に郵便、ホームページ、ITSメール配信登録された方にはメールでもご案内いたします。

注)納付した期間が満了するまで国民健康保険への切り替え(雇用保険の特定受給者、特定理由離職者等は除く)、被扶養者への切り替えを理由に資格喪失することはできないため、保険料の返還も求めることができませんのでご注意ください。(切り替えをする場合、未納による喪失をしなければなりません。)

納付方法について

口座振替は行っておりません。
①金融機関での窓口納付
納付目的月の納付書と保険料を提出のうえ、納付してください。
※保険料納付手数料の免除について
納付書に記載のある銀行(埼玉りそなも可)のすべての本・支店での納付書による窓口納付に限り、手数料が免除になります。また、りそな銀行・埼玉りそな銀行の専用ATM(コンビニエンスストア等の提携ATMを除く。)にて当組合りそな銀行口座へ納付する場合についても手数料が免除になります。その際は、「保険証の番号」(納付書の名前の下に記載されている5桁の数字)を依頼人番号として入力してください。
(りそな銀行、埼玉りそな銀行ATMをご利用の場合の注意事項)
・りそな銀行、埼玉りそな銀行以外のキャッシュカードでは、お振込みの取扱いができません。先に現金をご出金のうえ、ご納付をお願いします。
・お振込みの取扱い利用可能日時はATMにより異なりますのでご注意ください。
・現金振込の場合は対応ATMのみが対象となります。
注)りそな銀行、埼玉りそな銀行以外のATMを利用した場合は所定の手数料等がかかります。

②現金書留での納付
納付目的月の納付書と保険料を現金書留にて当組合へ郵送してください。(納付期限当日消印有効)

③当組合での窓口納付
納付目的月の納付書と保険料を持参のうえ、来所してください。

④ATMやインターネットバンキングでの納付
納付書に記載のある銀行口座のいずれかに、被保険者ご本人の名義にて納付してください。
※入力誤りのないよう口座番号、保険料額などよくお確かめのうえ、納付してください。
(金額不足の場合、納付期限までに完納されないと喪失となります。)
※被保険者名の前に、保険証の番号(納付書の名前の下に記載されている5桁の数字)を入力してください。
※手数料がかかる場合は、自己負担となります。
※納付期限日に振込処理を行い、当組合への入金日が翌営業日扱いとなった場合は、徴収課へご連絡ください。(納付期限日の振込であることが金融機関の当日領収印のある領収書や振込明細等により確認できれば、納付期限内納入として領収いたします。)

納めた保険料の証明〔任意継続被保険者〕

当組合発行の納付書にて納付された際の領収証書は確定申告等の納入証明となりますので大切に保管してください。紛失等により納入証明書が必要な場合は徴収課までご連絡ください。一年間に支払った健康保険料額(介護保険料を含む)をまとめて証明する「任意継続保険料納入証明書」を発行いたします。(証明書の発行に料金はかかりません。)

※確定申告は実際にその年に支払った金額を社会保険料として申告することができます。そのため翌年3月分まで前納されている場合は、その全額を前納された年において支払った社会保険料の金額として差し支えありません。(所得税基本通達74・75-2)

お問い合わせは徴収課へ

〒169-8516東京都新宿区百人町2-27-6
TEL. 03-5925-5305
受付時間/月曜~金曜(祝日・年末年始を除く)9時~17時15分

ページの先頭へ