後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度の手続きについて

提出書類 

「被保険者資格喪失届」、「被扶養者(異動)届

※該当者情報を印字した届書を、該当者の75歳の誕生月の前月20日頃に送付します。 

添付書類 

「保険証」「高齢受給者証」

紛失の場合・・・「健康保険被保険者証滅失届」、「健康保険高齢受給者証滅失届」 

提出期限  5日以内 

制度の運営

都道府県ごとに区域内のすべての市区町村が加入して設立された「後期高齢者医療広域連合」が運営主体となり、保険料の決定や医療給付などを行います。 また、各市区町村は保険料の徴収や窓口業務を行います。

被保険者となる人

  • 75歳以上のすべての方(75歳の誕生日から資格取得となります)
  • 65歳~74歳で一定の障害があると広域連合の障害認定を受けた方(認定日から資格取得となります)

保険料

保険料は、被保険者一人ひとりに課せられ、原則として年金から天引きされます。
保険料の額は、所得に応じて負担する部分(所得割)と、被保険者全員が等しく負担する部分(被保険者均等割)との合計額になります。

健康保険の被扶養者であった方

新しく保険料を負担いただくこととなります。

※保険料の軽減措置がございます。

保険証

被保険者となる方は、広域連合から新しい保険証が一人1枚交付されます。

窓口負担

1割(現役並み所得者は3割)

財源構成

保険料で1割、公費約5割、現役世代からの支援金(後期高齢者支援金)約4割でまかないます。
支援金は被用者保険や国民健康保険の保険者ごとに、加入者(被保険者・被扶養者)数に応じて負担します。健康保険では「特定保険料」が、この支援金の財源にあてられます。

健保組合の被保険者・被扶養者が75歳になった場合はこうなります

健保組合の被保険者が75歳になった場合、後期高齢者医療制度に加入し、組合の被保険者資格を喪失することとなります。その方に75歳未満の被扶養者がいる場合は、同時に資格を喪失し、他の医療保険制度へ加入することとなります。(ケース1)
また、被保険者本人より先に被扶養者が75歳になった場合も、後期高齢者医療制度に加入することとなります。(ケース2)

後期高齢者のケース

ページの先頭へ